読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中坊進二の京都イベント紹介

京都に住む中坊進二のイベント紹介です

中坊進二も感激した京都の鵜飼い

中坊進二

中坊進二が京都の夏の風物詩で感激したのが鵜飼いです。
この鵜飼いとは、鵜を使って鮎などを捕まえる手法です。
現在ではどちらかというとショーとして行われることが多いです。
中坊進二も見たことがあり、感激したのが京都の鵜飼いです。

http://www.jwn.ne.jp/lj/images/chunichi/20040521-chunichi.jpg

鵜匠と鵜のコンビネーションは絶妙で、
これには京都の中坊進二も驚きを隠せませんでした。
まさにパートナーといったところで、流れるように鮎を捕まえていきます。
小気味よく進んでいくので、
飽きずに見られると京都の中坊進二は話していました。
鵜飼いのショーは夜に始まります。
乗り合いや貸切も出来るので、少人数から大人数でも楽しめます。
京都の中坊進二は友人を連れて行ったり、
仕事関係の人に誘われて行ったことがあります。

宇治川で行われている鵜飼いは、
二人の女性鵜匠を中心に見事な手綱さばきや鮮やかな匠の技が堪能出来ます。
見ていると思わず唸ってしまうと京都の中坊進二は話していました。
その手さばきを一度は見て欲しいそうです。
鵜は鵜匠が愛情を込めて育てています。
そんな鵜は平成26年に日本で始めて人口孵化で産まれた鵜がいます。
ウッティーと名付けられ、キャラクター化もして多くの人に愛されています。
鵜匠を親と思って育ったウッティーが愛くるしいと話題となっています。

鵜匠の見事な手さばきと、愛くるしい鵜たちを見ることが出来る。
そして感激できるのが、宇治川で行われる鵜飼いです。
京都の中坊進二もおすすめしています。
歴史的なもの以外にも鵜飼いのように様々な見所が京都にはあります。
京都は奥が非常に深い場所ですね。

中坊進二も好きな京都のあやべ水無月まつりとは?

中坊進二

夏の風物詩といえば何といっても花火です。
手持ち花火や大迫力の花火大会は、
夏ならではのイベントだと京都の中坊進二は考えています。
綺麗な花火を見るたびに、
「今年も夏が来たな~」としみじみ思っています。

そんな中坊進二も好きな京都の花火のイベントが、
あやべ水無月まつりです。
毎年堪能しています。
水無月まつりは花火だけでなく、万灯流しも行われています。
一粒で二度美味しいイベントなのです。
中坊進二も好きな京都のあやべ水無月祭りは、
万灯流しから始まりその後に花火が打ち上げられます。

この万灯流しは明治の終わりごろ、
先祖の供養にと地元住民が川に灯篭を流したのがはじまりでした。
当時遊船などを行っていた地元住民たちが
更に盛り上げようと灯篭流しを大々的に行い、
現在の花火と万灯流しという2大イベントになりました。
迫力満点の花火と、
川をゆっくり流れる万灯流しの風流さがウリのイベントです。

京都の中坊進二は静と動の二つのイベントを一気に楽しめるのが贅沢でいいと、
あやべ水無月まつりが気に入っています。
幻想的な万灯流しは家族や恋人同士で見るのがお勧めだそうです。
雰囲気のよさに、仲が急接近できると話していました。
もちろん花火も綺麗でいいと話していました。
様々な種類の花火があり、時間も丁度いいので最後まで飽きずに見られます。

http://kyoto-asobiba.jp/asobiba/hanabi/top_photo_habnabi2.jpg

迫力のある花火と幻想的な万灯流し。二つを一緒に楽しめる、
中坊進二も好きな京都のあやべ水無月まつりはお勧めのイベントです。
夏の京都のイベントを楽しみましょう。

京都で流しそうめんをする中坊進二

中坊進二

夏の風物詩は様々なものがあります。
その中の一つが流しそうめんです。
中坊進二流しそうめんが好きで、
夏になると京都で流しそうめんに挑戦しています。
中坊進二は子供の頃に初めて流しそうめんを経験しました。
流れてくるそうめんをキャッチして食べるのが非常に楽しく、
すぐに虜になりました。
それから学生時代に自分たちでチャレンジしよう!という話になり、
牛乳パックで挑戦しようとしたこともあります。

けれどテストや休みが重なり、うやむやになったそうです。
いつかはまた流しそうめんにチャレンジしたい。
そう考えていた中坊進二は京都で流しそうめんが出来る場所を知りました。
それが京都のけいはんな記念公園です。
こちらの公園で毎年夏になると、予約制ですが流しそうめんに挑戦できます。
中坊進二曰く、しっかり竹を使って流しそうめんが出来る所が
ポイントが高いそうです。
やはり竹でないと真の意味で流しそうめんを経験した!とは言えないそうです。

流しそうめんは実際に挑戦すると、なかなか大変だそうです。
中坊進二が挑戦した京都のけいはんな記念公園の流しそうめんは、
子供も大勢参加します。
そのため大人が陣取って食べるのもよくない。
けれど子供の後ろについてもなかなか食べられない。
結構悪戦苦闘しているそうです。

ですが中坊進二は、「それも含めて楽しいのが流しそうめんなんだ」
と開き直っています。
それにそのくらいのほうがいい夏の思い出になっていいと話していました。
巧みにポジションを変えながら流しそうめんを堪能しています。

中坊進二は京都での流しそうめんを実に楽しんでいます。
有名だけどなかなかする機会がない流しそうめん
京都でチャレンジしてみましょう。

http://apralliance.com/wp/wp-content/uploads/2015/07/98206f4eeec53d1605b049f3d475a0bb.jpg

もちろん、京都以外にも流しそうめんを楽しめるところは多いです。
中坊進二が鹿児島に旅行に行った時は、
周りそうめんなるものを食べたと言っていました。
中坊進二が言うには、テーブルに置かれたドーナツ状の水槽で、
そうめんがひたすら永久に回り続けるものと言っていました。
こうした回転式のそうめんは、
流しそうめんに慣れていない方には良いかもしれませんね。

http://img.4travel.jp/img/tcs/t/album/lrg/10/23/36/lrg_10233678.jpg

中坊進二は、普通の流しそうめんの時は
子供と取り合いになって大変だと嘆いていましたが、
こっちは卓につける人数が決まっていますし、
そうめんを取り逃しても何千回とチャンスが巡ってくるのが特徴です。
ちなみに、中坊進二曰く
「飽きたら普通にザルから取って食うのだ」だそうです。
そのうち、回転寿司のレーンを使った
流しそうめん屋さんが登場しそうだなと思いました。

中坊進二も感動した京都水族館のイベント

中坊進二

中坊進二は幻想的な雰囲気を味わえるものが好きです。
暗いところと光の組み合わせは、
日常とは違う幻想的な雰囲気を醸し出します。
そういった幻想的な雰囲気が味わえる水族館が、
京都の中坊進二は大好きです。
屋内型の大きな水槽に光が当てられ、
色とりどりの魚を見ると心が癒されるそうです。
非常に綺麗で、目を奪われるそうです。

中坊進二も感動した京都水族館のイベントがあります。
それが「夜のすいぞくかん」というイベントです。
このイベントでは巨大ウォーターカーテンが
幻想的にライトアップされます。
様々な模様やアクアサインを美しい照明により演出され、
見て楽しむことが出来ます。

中坊進二京都水族館のこのイベントが大好きです。
水と光の演出は見ていると目を奪われるだけでなく、
心を癒してくれます。
中坊進二はこの京都水族館のイベントに参加していると、
「まるで心が洗われるようだ」と思い、非常に気に入っています。
幻想的なライトアップを見ることで仕事の疲れを癒しているそうです。

館内も昼とは違った照明になっており、
雰囲気ががらっと変わっています。
夜行性の生き物の活動を見たり、
ペンギンなどの寝ている姿も見れて新鮮で楽しいそうです。
特にペンギンの寝ている姿は可愛らしく、
思わず写真を激写したくなるほどの愛くるしさがあるそうです。

幻想的な雰囲気や、生き物たちの昼とは違った面を見ることが出来る。
それが中坊進二も感動した京都水族館のイベントです。
いつもと違った京都水族館を覗いて見るのもいいですね。

http://909.xii.jp/img/img_2012_09_07_02.jpg

京都の中坊進二も感動したインタラクティブアート

中坊進二

中坊進二の京都でお気に入りのスポットの一つが京都水族館です。
色んな水槽にいる魚たちを見るだけでなく、
様々なイベントを行っているからこそお気に入りです。
水族館だから珍しい生き物が見られる!
というだけにとどまらないところが、
京都水族館の魅力なんだと中坊進二は話していました。

そんな京都の中坊進二も感動したのがインタラクティブアートです。
京都水族館では生き物に加えて、
映像や照明演出を合わせたインタラクティブアートを行っています。
非日常感がありとても綺麗で幻想的なのがいいそうです。
家族やカップルにも京都水族館はおすすめだと中坊進二は話していました。

春に行われたインタラクティブアートは春といわしをテーマにしたものです。
いわしは京都では「春鰯」と呼ばれ、春に漁期を迎える魚なのです。
群れを成す姿は花吹雪に例えられるほどです。
花吹雪と鰯の群れが非常に幻想的で目を奪われたと中坊進二は話していました。
桜の色と鰯の輝き、水槽の幻想的な雰囲気に高揚感を覚えたそうです。
同時に見ていると不思議と癒されたそうです。
春先は仕事が忙しく疲れていた中坊進二にとって、
京都水族館インタラクティブアートはいいリフレッシュになったようです。

色んな試みをする京都水族館
そんな京都水族館インタラクティブアートは限定ですが、
一度は訪れて欲しいと京都の中坊進二は思っています。
幻想的な雰囲気に包まれるそうなので、
日常を忘れていい気分転換になるかもしれませんね。

http://img.co-trip.jp/content/14renewal_images_l/43066/main_image.jpg

京都の中坊進二も楽しんだ京都日本酒電車

中坊進二

最近京都は色んなイベントで賑わっています。
中坊進二は京都の昔ながらの行事だけでなく、
最近開催されるようなイベントもたくさんあって、
盛り上がっていると感じています。

そんな京都の中坊進二が最近楽しんだのが京都日本酒電車です。
名水があり銘酒がある京都ならではのイベントです。
京都自慢の銘酒を特別貸切列車に乗りながら楽しむイベントです。
電車に乗りながら京都の日本酒を飲み比べ、
しかも有名店の特製おつまみ弁当まで食べられる良いイベントだったと、
京都の中坊進二は楽しそうに話していました。

http://www.kyoto-sake.com/wp-content/uploads/2015/02/main-444x296.jpg

貸切列車でお酒を飲むというのが特別感があり、
前日から子供のように京都の中坊進二はわくわくしていたようです。
非日常的な経験が出来るからこそ
京都のイベントは楽しいと中坊進二は話していました。
銘酒10種は飲み比べると色んな発見があるそうです。
初めて飲んだお酒を味わったり、
このお酒の後にこれを飲むといいと色んな組み合わせを楽しんでいたようです。

おつまみ弁当は京都の料理人が日本酒に合うようなメニューを考え、
腕によりをかけた弁当だったそうです。
見た目もよく味も抜群で、日本酒に非常に合うと喜んでいました。
非日常な空間でお腹も心も満たされたそうです。

京都の中坊進二は京都日本酒電車が気に入ったようで、
次も行きたいと考えています。
また、こういった京都の魅力を伝えるイベントがもっと増えたら、
各地の人に京都を知ってもらえると思ったようです。
これからも魅力的なイベントが増えるように願っています。

京都の中坊進二も感心した伏見名水スタンプラリー

中坊進二

京都の中坊進二は、京都が大好きです。
色んな人に京都の魅力を知ってもらいたいと常々考えています。
人が集中する観光名所以外の京都の場所もたくさん知ってもらいたい、
そして京都をもっと好きになってもらいたいと中坊進二は思っています。

そんな京都の中坊進二が感心したのは伏見名水スタンプラリーです。
このスタンプラリーでは、京都の酒どころである伏見の名水10ヶ所を回ります。
5ヶ所以上のスタンプを集めると抽選で、
10ヶ所全部を回ってスタンプを集めると先着で記念品がもらえるイベントです。
中坊進二はスタンプラリーなら子供から大人まで楽しめるから、
京都の伏見を回るのにぴったりだと考えています。
何か楽しい要素やわかりやすい目的があると取っ付きやすいと思っています。

京都の伏見は、かつては「伏水」とも書かれるほど質の高い水が豊富な地です。
天然の良水に恵まれ、日本を代表する酒どころになりました。
だからこそ月桂冠や黄桜、正宗などのお酒が生まれたのです。
月桂冠や黄桜、正宗ゆかりの地などもスタンプラリーでは回れます。
中坊進二もイチオシなのが、京都の御香宮神社です。
この神社の名水は日本名水百選の一つとして選ばれています。

京都の中坊進二は、伏見名水スタンプラリーを通じて
京都は豊富な水がある場所というのを知って欲しいそうです。
また、このスタンプラリーのように楽しめる要素を加えて色んなイベントを開催し、
京都の様々な場所の魅力を大勢の人に知って欲しいと中坊進二は考えています。

http://img01.naganoblog.jp/usr/sshinshu/090820_toku1.jpg