中坊進二の京都イベント紹介

京都に住む中坊進二のイベント紹介です

中坊進二が語る群馬県の名所

群馬と言えば、未開の地としてのイメージが強いかもしれません。
実際はそれなりに人の手が入っていますが、尾瀬谷川岳など、
アウトドアやハイキングに適した場所がいくつもありますよ。
中坊進二はあまり群馬県に行ったことはありませんが、
それでも何回かあります。
中坊進二が通っていた大学の実習地(新入生ガイダンス)も
群馬県みなかみ町ですよ。
今回は中坊進二おすすめの群馬県の名所を紹介したいと思います。

f:id:shinjikyotonakabou:20170623102803j:plain



【たくみの里】
昔ながらの施設が数多く残っている地域です。
暗殺教室のロケ地にもなりましたよ。
道の駅にて、蕎麦打ちやこんにゃく作り、
豆腐作りといった体験教室があり、
地元特産の作物を使って自分の手で食事を作り上げることが出来ます。
ただし、かなりの過疎地でもありますので、閉館する建物も多いです。
少なくともここ数年で、藍染め、ちりめん細工、木織は閉館しました。
中坊進二暗殺教室のロケ地を見学したかったのですが、
もう終了してしまったみたいです。
潰れる前に是非、ここに行きましょう。

f:id:shinjikyotonakabou:20170623102828j:plain



【ドールランドみなかみ】
ドールの缶詰、中坊進二よく食べています。
1缶108円で、パインや桜桃を食べられますよ。
ところでこのドール缶、最近、値上がりしませんでした?
去年は108円で買えた気がしたのですが、今は114円くらいします。
それとも前買った時は、たまたま特売だったのでしょうか?
それはさておき、群馬県にはドールランドみなかみがあります。
フルーツ狩りをメインにしたテーマパークで、
ジャムやパイの手作り体験、バーベキュー、温泉などを楽しめますよ。
さくらんぼ、いちご、ブルーベリー、和ナシ、ぶどう、
りんご、もも、プラムと何でも揃っています。
あと、体験メニューではありませんが、
ドールランドみなかみでは温泉バナナを栽培する研究を行っています。
数年後にはここでバナナ狩りも出来るようになるかもしれませんね。
中坊進二ちょっと楽しみにしています。

f:id:shinjikyotonakabou:20170623102850j:plain



【宝台樹スキー場】
最長滑走距離2,600m、標高差570m、コース数16、リフト数8、
色々なコースが用意されているスキー場です。
最大斜頸40度の上級コースから
初心者でも安心して滑れるコースもありますよ。
中坊進二、スキーは人生で3回しか経験していませんが、
中級コースなら問題なくシュプールを描けます。
最後に滑ってからもう10年以上経ちますが多分、
今でも滑られそうです。
自転車と同じように、身体は意外と覚えているものですよ。
当然、今はオフシーズンですが、
冬になればこのスキー場には全国から大勢の人が集まることでしょう。
中坊進二もたまには滑りに行きたいと考えています。

f:id:shinjikyotonakabou:20170623102908j:plain

静岡県の名所を紹介する中坊進二

静岡と言えば、富士山ですよね。
太平洋側から眺める富士山は、
日本を代表する景観だと中坊進二は思っています。
あと、歴史的な有名さを探すなら、今川家の本領地ですよね。
伊豆半島は北条氏のものですが、
駿府と言えばやはり今川が有名だと中坊進二は思っています。
駿府「東国の京」とも呼ばれており、
戦国三大文化のひとつとして数えられているほど有名です。
でも1568年の武田信玄による駿河侵攻によって、一次衰退します。
そこで今回、中坊進二静岡県の名所をいくつか紹介したいと思います。

f:id:shinjikyotonakabou:20170622121154j:plain



三保の松原
日本新三景、そして日本三大松原として人気を集めている、
三保半島にある景勝地です。
静岡県には富士山を眺めるベストスポットがいくつかありますが、
その最たる候補に挙がるのがココ、三保の松原になります。
そうした眺めの良さから、富士山から80km以上も離れているにも関わらず、
三保の松原「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」として
ユネスコ世界遺産登録されています。
でも松原なので、やはり松の方も観賞したいところだと中坊進二は考えます。
羽衣伝説に関する逸話もあり、
近くには「エレーヌの碑(羽衣の碑)」が置かれていますよ。
ただし近年は海岸浸食により、松原が消失の危機に瀕しています。
数年後には無くなっているかもしれませんので、早めに見ておきましょう。
実際には無くなりませんが、
堤防をはじめとする人工物は昔に比べてかなり増えていますよ。
中坊進二も今のうちに写真を撮っておこうと思っています。

f:id:shinjikyotonakabou:20170622121215j:plain



【龍宮公園 (竜宮窟)】
今やっている大河ドラマのおかげで、
竜宮小僧と何か関係あるのかと中坊進二は思いたくなりますが、
全くと言っていいほど関係ありません。
(竜宮小僧の伝説があるのは、静岡県浜松市北区引佐町西久留女木)
竜宮公園があるのは伊豆半島の南で、
直径40~50mもの大穴の竜宮窟を覗くことが出来ます。
下から見上げると、ハート型に見えますよ。
ただし色々とポロポロと崩れてきますので、
落盤には気を付けてくださいね。
竜宮窟は完全に自然の一部ですが、
近くには駐車場やトイレもありますよ。

f:id:shinjikyotonakabou:20170622121243j:plain



【イズー】
伊豆にあるからイズーなのか、
イグアナを見学できる動物園だからiZooなのかは、
中坊進二には分かりません。
イズーは爬虫類をメインとする動物園で、
その飼育数は日本トップクラスになります。
また70頭以上ものアルダブラゾウガメを展示しているのも特徴と言えます。
ミミナシオオトカゲが見られるのは、世界でここだけですよ。
爬虫類マニアの方は是非、一度立ち寄りましょう。
レストランのランチがすごく独特で、クロコダイルバーガー、
クロコダイルカレー、クロコダイルとカンガルーの串焼きなど、
マニアックな料理が並んでいます。
オーストラリア以外でカンガルーの肉が食べられることに
中坊進二はかなり驚いています。
「ルーミート」の名でカンガルーの肉は売られていますので、
気になる方は是非、調べてみてください。

f:id:shinjikyotonakabou:20170622121304j:plain

長野県の名所を紹介する中坊進二

長野県と言えば、真田幸村ですよね。
歴史上活躍したのは父親の方ですが、
大坂夏の陣により真田幸村知名度は江戸中で爆発的に人気を獲得したと、
中坊進二はとある歴史番組で見たことがあります。
幸村という名前は、江戸中の市民に知れ渡っていましたが、
後の世の歴史研究にて「幸村の本名は信繁」と分かったそうです。
ただし、名前がコロコロ変わるのはそれほど珍しくありません。

f:id:shinjikyotonakabou:20170621121842g:plain


大河ドラマでも兄はずっと「源次郎」って言い続けていましたよね。
むしろ、誰か信繁って言いましたっけ?
一人称含み、通称の「左衛門佐(さえもんのすけ)」しか
中坊進二は聞いたことがない気がします。
そして今回中坊進二は長野県の名所を紹介しますが、
やはり真田家ゆかりの地は確実に紹介すべきことと言えるでしょう。


上田城跡公園】
真田家の歴史を語る上で上田城は決して外せないと中坊進二は思っています。
徳川軍の攻撃を二度も跳ね除けた強固な城で、日本百名城にも選ばれています。
ちなみに上田城の門は、サマーウォーズに出てくるヒロインの
実家の門のモデルになっていますよ。
上田城跡なので、当時のものはほとんど残っていませんが、
西櫓は唯一残っている上田城のものです。
真田家ではなく、仙石氏が1626年に着工したものですが、
南櫓と北櫓と共に、長野県の宝に指定されています。
東虎口櫓門右手の石垣にある「真田石」も中坊進二のオススメです。

f:id:shinjikyotonakabou:20170621121910j:plain



【真田宝物館】
真田幸綱(幸村の祖父)の遺品をはじめ、
真田家ゆかりの品々が数多く展示されています。
上田藩の初代城主を務めた信之に時代から250年に渡って、
数多くの歴史を堪能できるのが魅力です。
国の重要文化財に指定されている「青江の大太刀」は刀剣マニアでしたら、
是非一度は見ておきましょう。
展示資料は全部で5満点あり、
年4回の展示替えではほとんど全てを入れ替えるそうです。
真田宝物館を全て見るには、年に4回訪れる必要があります。
中坊進二もしっかりと4回通いたいと思います。

f:id:shinjikyotonakabou:20170621121933j:plain



地獄谷野猿公苑
ニホンザルの生態を間近で観賞することが出来ます。
ニホンザル専用の温泉があるのは、
世界でここだけとも言われているそうです。
でも温泉に入るのは冬季だけなので、
その時期を狙ってしっかり行きましょう。
(人間はこの温泉に入れません)
あと、中坊進二がコレだけは言っておきたいこととして、
サルに人間のエサを奪われないようにしましょう。
日光の話ですが、後ろから「サッポロポテト つぶつぶベジタブル」
奪われた苦い経験が中坊進二にはあります。
あまりの衝撃的事件で、今でも盗まれた商品の名は覚えています。

f:id:shinjikyotonakabou:20170621121954j:plain

富山県の名所を紹介する中坊進二

マズイことに富山県に何があるか、中坊進二は何一つ言えません。
分かるのは福井県と長野県と岐阜県に囲まれていることでしょうか。
あっ、やべ、福井県に接してなかった。石川県だった。
と言うか海なし県だと思ってたのに、普通に海があった・・・・・・。
今回は中坊進二の反省と勉強も兼ねて、
いくつか富山県の名所を紹介したいと思います。
奇をてらわずに有名どころを紹介したいと思います。


黒部ダム
黒部の太陽中坊進二、名前だけは聞いたことがあります。
そして黒部ダムがあるのが富山県です。
ちなみに何故「太陽」かと言うと、
この工事に「この国の明日を照らす」
という意味が込められているそうです。
電力は太陽に近い恩恵を人類に与えてくれますので、
それでこのドラマを「黒部の太陽」にしたと言われています。
それはさておき、黒部ダムは観光地としても有名です。
雨(主に台風)が多いシーズンは観光放水として、
大迫力の放水を行います。
虹が見えることが多いので、
黒部ダムに来たら必ずこの放水を「新展望広場」から見ましょう。
中坊進二のオススメです。
あとダム周囲には、トレッキングに最適なコースが複数ありますので、
散策にも良いですよ。
中坊進二がココに行く際も、しっかりと靴を準備したいと思います。

f:id:shinjikyotonakabou:20170620102850j:plain



富山市ファミリーパーク
102種1032点もの動物を飼育している動物園です。
里山をテーマに郷土の動植物はもちろん、
日本中の動物たちもいくつか展示していますよ。
特徴としては、無料エリアと有料エリアに分けられている点です。
対州馬、野間馬を見るだけでしたら無料ですが、
日本の動物たちを見るのなら有料チケットが必要になります。
と言いつつ、アムールトラフンボルトペンギン
そして中坊進二の好きなカピバラさんがいるあたり、
国産以外も豊富に取り揃えている様です。
残念ながら、みんな大好きサーバルちゃんは居ませんので、
そのあたりはご容赦を。
アムールヤマネコで勘弁して下さい。

f:id:shinjikyotonakabou:20170620102915j:plain



海王丸パーク】
海王丸は商船学校の練習船です。
昭和5年に誕生して以来、地球50周分、
11190名もの船員を育ててきた船になります。
もう大海を泳ぐことはありませんが、今も船内の居室を開放し、
若者を育てる場所として活躍しています。
カッター・セイリング教室などもありますよ。
中坊進二もちょっと興味が湧いてきました。
余談ですが、海王丸二世はまだまだ現役です。
2004年に座礁しましたが、きちんと修理は完了しています。

f:id:shinjikyotonakabou:20170620102937j:plain



ほたるいかミュージアム】
蛍烏賊ほたるいか)の発光ショーが見られる施設です。
ただし、生きた状態の発光は3月中旬~5月末で、
それ以外の期間はLEDライトの発光イメージになります。
時期を逃さずに訪れましょう。
レストランもあり蛍烏賊の天ぷら」中坊進二のオススメです。
蛍烏賊の一夜干し」もちょっと気になります。

f:id:shinjikyotonakabou:20170620102958j:plain

中坊進二が愛知県の名所を紹介します

神奈川県、福岡県と3位争いをしている県として有名なのが愛知県です。
単に人口を見るのなら、中坊進二が生まれ育った埼玉県や千葉県も
ノミネートされますが、あちらはベッドタウン的な要素が強いので、
観光地として不向きです。
むしろ、埼玉県が観光地として勝てる要素は
「東京から近い」しか無いと中坊進二は思っています。
今回は愛知県が誇る名所を紹介したいと思います。
でも、1位~10位くらいは誰でも知っていそうなので、
今回は敢えて11位~30位くらいで中坊進二は攻めてみたいと思います。


レゴランド
経済効果として1000億円が見込まれているレジャー施設です。
愛知県民の多くが、
一度くらいは行ったことがあると中坊進二は思っています。
どこで聞いたかは忘れましたが、千葉県の夢と魔法の国と、
大阪のUSJに次ぐ、日本で3番目のテーマパークを目指していると
聞いたことがあります。
でも中坊進二は、同じく愛知県にある
刈谷ハイウェイオアシス」が日本3位だと思っています。
こちらの年間来場者数は840万人ですが、
果たしてレゴランドは勝てるのでしょうか?

f:id:shinjikyotonakabou:20170619103301j:plain



【お菓子の城】
お菓子のテーマパークで常時、200点ものシュガー作品が展示されています。
ただし、ホールケーキアイランドのように勝手に食べてはいけませんよ。
その代わりとして、いくつかの体験教室が開かれています。
クッキー作り、ビスケット作り、プチドーナツデコなど、
色々なクッキングが楽しめますよ。
虫歯にならないように気を付けましょう。
中坊進二のオススメはランチバイキングで、ローストポークが美味です。

f:id:shinjikyotonakabou:20170619103316j:plain



【ストーンランド大塚】
30位どころか100位圏外な気もしますが、
愛知県と言えば「石工」が有名です。
中坊進二もこの前テレビ(ダッシュ村が出てくるあれ)で
見ましたので間違いありません。
徳川家康のおかげで、愛知県には100を超える石材店がありますが、
なんと犬塚石材本店では工場見学が可能です。
技能五輪世界大会で金メダルを3回も取っているその技術に、
見惚れちゃってください。
愛知県で最大級の広さを誇る300坪の展示場にて、
100以上の展示品が並んでいますよ。
墓石だけじゃなく、二宮金次郎っぽいのも居ました。

f:id:shinjikyotonakabou:20170619103337j:plain



【巨大招き猫 】
大須商店街のふれあい広場にて、
高さ2mを超える巨大な招き猫が鎮座されています。
浅草のハチ公やモアイ像の様に、待ち合わせには良いかもしれませんね。
上前津駅から北西にちょっと行ったところにありますので、
暇つぶしがてらに見に行くのも良いでしょう。
中坊進二も近くに寄った際には、写真を撮っておきたいと思います。

f:id:shinjikyotonakabou:20170619103353j:plain


武将ゆかりの日本の城を紹介する中坊進二

天下統一するくらいスケールが大きくなると、
引っ越しも都道府県単位で大きくなります。
豊臣秀吉徳川家康に対して「関東全部あげる」と言って、
強制的に関東に引っ越しさせましたよね。
中坊進二が最近知ったこととして、
その武将のゆかりのある地と出身地が全くと言っていいほど
一致していませんでした。
生まれた都道府県は○○でも、
主君に命じられて地方に引っ越すことは、
当時は当たり前に行われていたみたいです。

f:id:shinjikyotonakabou:20170615123011g:plain



表っぽく中坊進二はまとめてみましたが、以下の通りになります。
織田信長・・・愛知県出身・・・安土城滋賀県
豊臣秀吉・・・愛知県出身・・・大阪城大阪府
徳川家康・・・愛知県出身・・・江戸城(東京都)と名古屋城(愛知県)
明智光秀・・・岐阜県出身・・・坂本城滋賀県)と福知山城(京都府
武田信玄・・・山梨県出身・・・無し(※信玄は築城していない)

武田信玄は長野県を治めていたと中坊進二は間違えて覚えていましたが、
実は長野県は各地の豪族が治めていたみたいです。
その辺りの歴史は、「大河ドラマ真田丸」で少しは触れたかもしれませんね。
中坊進二は、この大河ドラマの前半部分あんまり見てなかったので、
その辺りよく分かっていませんでした。
長野県にはあまり信玄ゆかりの場所はありませんが、
川中島の戦いが長野県なので、そういったところを観光するのも良いかも。

f:id:shinjikyotonakabou:20170615123031j:plain



日本で最も有名な武将ベスト10をすれば、織田信長が1位に輝き、
次いで豊臣秀吉徳川家康がランクインすると中坊進二は思います。
あと、伊達正宗、真田幸村明智光秀上杉謙信武田信玄
本多忠勝源義経あたりが挙がりそうです。
でも、西郷隆盛坂本竜馬を武将と定義するかは、
かなり意見が分かれそうだと中坊進二は考えます。
そして織田信長豊臣秀吉徳川家康のお三方の出身地は愛知県です。
それゆえ、愛知県には武将ゆかりの名スポットがいくつもあると
中坊進二は考えます。

f:id:shinjikyotonakabou:20170615123147p:plain



その中でも特に見ておきたいのは、やはり名古屋城でしょう。
徳川家康が1610年に築城した城で、
天頂にある黄金のシャチホコが有名だと思います。
日本三大名城と呼び声高く、年間入場者数は173万人を超えます。
なお、三名城の残りの2つは、1つは大阪城で確定ですが、
もうひとつは色々と検討中の様です。
姫路城と熊本城が争っており、
松本城も虎視眈々と三番目の席を狙っています。

f:id:shinjikyotonakabou:20170615123056j:plain



あと、城と言えば江戸城が最も有名かもしれませんが、
現存していないので対象外です。
1657年に火事で燃えて、1873年に再び焼失し、
1945年の空襲で大手門が消滅。
なお、今も大手門がありますが、
あれは1967年に復元したものとなります。
城はないですが、江戸城付近には寺や神社がいくつもありますので、
それらの地を巡るのも中坊進二はオススメします。

中坊進二が岐阜県を紹介します

明智光秀って、岐阜県出身だったんですね。
中坊進二初めて知りました。
福知山市で英雄扱いされていますが(※城主です)、
出身地は岐阜県可児市(かにし)になります。

f:id:shinjikyotonakabou:20170613150417j:plain


さて、岐阜県は全国的に見ても、
かなりの田舎に属する地域だと中坊進二は考えます。
地理的には日本の中心に位置していますが、
大阪・京都や東京からかなり離れている場所にあるため、
観光として岐阜に訪れた方は少ないかもしれません。
岐阜県出身の内閣総理大臣も居ないため、
政治的に重要な場所として選ばれることも少ないと中坊進二は考えます。
しかし発展していないということは、
遺跡や自然がたくさん残されていることを意味します。
もちろん、200万人の人口を有しているだけはあり、
レジャー施設もかなりありますよ。


【板取スイス村】
山の暮らしを満喫できる施設です。
林業体験、稲作作業、魚の掴み取り、民泊など、
色々な体験学習が用意されています。
白水の滝や川浦渓谷など、自然が豊かで、
都市部の喧騒を忘れるにはかなり良い所ですよ。
そして中坊進二のオススメはモネの池です。
根道神社の参道の脇にあるただの貯水池ですが、
まるでモネ(フランスの画家)の睡蓮のような光景が見られることから、
この名が付きました。
ゴールデンウィーク中には、
1日で3000人の方が訪れる人気スポットですよ。

f:id:shinjikyotonakabou:20170613150514j:plain



飛騨牛
岐阜県に来たら、飛騨牛を食べましょう。
この地方で飼育されている黒牛和牛で、
高山市内の至る所で串焼きが売られています。
もちろん中坊進二は食べましたが、
冷めてしまったのかスゴク堅かったです。
こういうのはお店の中で食べるのが一番ですね。
飛騨牛専門の飲食店はかなり多く、
どこも予約でいっぱいかもしれませんので、
早めの予約が必須でしょう。
飛騨牛のトロさしにぎりとか、中坊進二のおすすめです。

f:id:shinjikyotonakabou:20170613150535j:plain



金華山のリス】
外来種タイワンリスですが、
今やここは一大観光地となっています。
金華山には野生のタイワンリスが生息しており、
野生種を見つけるのは困難ですが、
近くの動物園(リス村)には飼育されている
タイワンリスがたくさん居ますよ。
およそ100頭ものリスがいて、
広い柵の中で伸び伸び自由に暮らしています。
入場料は200円で、年中無休で営業しています。
金華山展望台にあるレストランの
「信長どて丼」は中坊進二のオススメです。

f:id:shinjikyotonakabou:20170613150558j:plain



正法寺の岐阜大仏】
定説はありませんが、
正法寺の岐阜大仏は日本三大大仏の候補として挙がっています。
奈良と鎌倉は文句なしに日本を代表する大仏ですが、
三番目の席を現在、大佛寺(富山県)にある
高岡大仏と争っている様子です。
あと、兵庫大仏も有名でしょう。
とりあえず大仏マニアでしたら、
この5つの大仏は見るべきだと中坊進二は強く推挙します。

f:id:shinjikyotonakabou:20170613150621j:plain