読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中坊進二の京都イベント紹介

京都に住む中坊進二のイベント紹介です

京都に住む中坊進二が土方歳三を紹介します

いま、土方歳三が熱いです。
中坊進二はマヨラーの十四郎しか知りませんが、
史実の土方歳三は幕末ファンの間でも
トップレベルの人気を誇ると思います。
近藤や沖田の方が人気かもしれませんが、
鬼の副長の知名度がトップレベルなのは確実だと
中坊進二は確信しています。

土方歳三の資料館はいくつかあります。
一番有名なのは東京都日野市にある
土方歳三資料館」ではないでしょうか。
今なら、和泉守兼定の刀身が限定公開されており、
とうらぶユーザーの多くがここを訪れています。
2017年5月21日まで公開していますので、
機会があえば是非、行ってみてください。
ただし、注意点があります。
それは、土方歳三資料館は毎日開館していないことです。
むしろ、休館日ばかりで、
隔週の日曜日にしかやっていない感じになります。
正確な開館日はHPからご確認を。

f:id:shinjikyotonakabou:20170407100842j:plain


函館記念館」でも土方歳三についてのアレコレを展示しています。
函館は、旧幕府軍と明治政府軍が最後に戦った地で、
ここで土方歳三が戦死したと言われています。
言われているだけですので、
もしかしたら生き延びていたかもしれませんね。
ちなみにこちらでも和泉守兼定を展示しています。
他にもいくつもの土方歳三が使用したものが展示されていますので、
ファンには堪らないでしょう。
土方歳三が使っていた碁石とか、中坊進二とても興味があります。

f:id:shinjikyotonakabou:20170407100859g:plain


中坊進二が住む京都でしたら、「霊山歴史館」にて、
維新志士や幕府諸侯らの遺品の数々が展示されているみたいですよ。
こっちでも土方歳三の愛刀が展示されています。
銘は「大和守源秀國」になりますので、刀好きな方は是非、どうぞ!!

f:id:shinjikyotonakabou:20170407100921j:plain


土方歳三の命日は5月11日と言われています。
その日に土方歳三ゆかりの地を訪れて、想いに馳せるのはいかがでしょうか。