読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中坊進二の京都イベント紹介

京都に住む中坊進二のイベント紹介です

京都の公園で水鉄砲に興じる中坊進二

 暑い中はやはり水遊びに限ります。
先日、中坊進二京都府精華町で開催された
「やましろバンブーシュートフェスタ」に参加してきました。
カッコいいネーミングセンスですが、
要は竹の水鉄砲を使った祭りになります。

竹の水鉄砲はモデルガンなどと違って、
非常に簡素な作りになっています。
円筒状の竹をそのまま使い、
もう一本の筒状の棒を底から押して水を噴射させます。
中坊進二は昔、輪ゴムを飛ばすオモチャの銃で遊んでいましたが、
それよりも遥かに原始的な機構だと言えます。

京都で開かれたこのお祭りですが、原始的な内容に反して規模はすごいです。
やはり数が集まると、それだけで一大イベントになります。
今年のルールは、5人1組になって紐で繋がり、
スタッフが持つ紙の的を狙う競技でした。
そして、やはり紙をピンポイントに狙うことはせず、
色々と水浸しになりました。
観客席に居た中坊進二も被弾しました。

また、去年のケースだと、京都だけでなく近隣の県から集まり、
総勢700人もの子供たちが2チームに分かれて、水鉄砲を打ち合いました。
サバゲーでしたら、ヒットしたら退場、
もしくは死んだふりをするかもしれませんが、
このフェスティバルはゾンビアタックし放題です。
ナイフアタックこそ禁止されていますが、
両者はびしょ濡れになり続けながらも水を打ち合っていました。
中坊進二も当然の様に水の被害に遭いました。

まだそれほど猛暑とは言えませんが、
今後の京都は日増しに暑くなりそうです。
こうしたイベントはもっと積極的にやるべきかもしれませんね。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b6/Parc_Angrignon_Water_Battle.jpg