読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中坊進二の京都イベント紹介

京都に住む中坊進二のイベント紹介です

中坊進二も感激した京都の鵜飼い

中坊進二

中坊進二が京都の夏の風物詩で感激したのが鵜飼いです。
この鵜飼いとは、鵜を使って鮎などを捕まえる手法です。
現在ではどちらかというとショーとして行われることが多いです。
中坊進二も見たことがあり、感激したのが京都の鵜飼いです。

http://www.jwn.ne.jp/lj/images/chunichi/20040521-chunichi.jpg

鵜匠と鵜のコンビネーションは絶妙で、
これには京都の中坊進二も驚きを隠せませんでした。
まさにパートナーといったところで、流れるように鮎を捕まえていきます。
小気味よく進んでいくので、
飽きずに見られると京都の中坊進二は話していました。
鵜飼いのショーは夜に始まります。
乗り合いや貸切も出来るので、少人数から大人数でも楽しめます。
京都の中坊進二は友人を連れて行ったり、
仕事関係の人に誘われて行ったことがあります。

宇治川で行われている鵜飼いは、
二人の女性鵜匠を中心に見事な手綱さばきや鮮やかな匠の技が堪能出来ます。
見ていると思わず唸ってしまうと京都の中坊進二は話していました。
その手さばきを一度は見て欲しいそうです。
鵜は鵜匠が愛情を込めて育てています。
そんな鵜は平成26年に日本で始めて人口孵化で産まれた鵜がいます。
ウッティーと名付けられ、キャラクター化もして多くの人に愛されています。
鵜匠を親と思って育ったウッティーが愛くるしいと話題となっています。

鵜匠の見事な手さばきと、愛くるしい鵜たちを見ることが出来る。
そして感激できるのが、宇治川で行われる鵜飼いです。
京都の中坊進二もおすすめしています。
歴史的なもの以外にも鵜飼いのように様々な見所が京都にはあります。
京都は奥が非常に深い場所ですね。